英語、早く始めたほうがいいの?

いいえ、全く焦る必要はありません!

最近、幼いお子さまをお持ちの保護者さまたちの多くが、英語教育に対して強い焦りを感じているように思います。

「子どもにはネイティブのように英語を話せるようになってほしい」

「だから、早く英語を身につけさせたい」

お子さまの将来を心配して早期英語教育を焦る、そのお気持ちはよくわかります。

しかし、乳幼児から始めないと英語が身につかないというわけではありません。

むしろ、母語の基礎段階を終える9~10歳以降に英語を始めると効率がよいと、さまざまな研究でいわれています。

だからと言って9歳以前の英語学習を否定するわけでもありません。

英語力が一番伸びるときは、子ども自身が興味を持って取り組むときです

逆に、小さいときに保護者の方が躍起になってやらせようとすると、英語嫌いな子どもになってしまうことも。

一度、英語=嫌なもの、になってしまうと、いくら保護者の方が説得しても「絶対にやりたくない!」となってしまいます。

ですから、お子さまが興味を持ってから始めても決して遅くはありません。

実際、中学生になってからぐんぐん伸びるのは、子ども自身が「やりたい!」と言って始めた子どもたちです。

こんな子たちは、みんな意欲が高くとても前向きです。

生きた英語を感覚的に身につける、多読(中学生クラス)

幼児期は、英語、日本語に関係なく「ことばの土台作り」の時期。

まずは、豊かな日本語のやり取りを通してことばのセンスを磨きましょう。

そうすれば、英語に接したときも、同じセンスで興味を持ってくれるはずです。

これからはグローバル時代、だからこそネイティブ並みの発音よりも「何を言うか」が大事

BB作文で、自分の思いを英語で表現する力が育ちます。(小6 BB歴2年目)

目の前のお子さまをよく見て、焦らず、ゆっくり始めれば大丈夫

自分で興味を持って意欲的に学んだ子は、間違いなくあと伸びしますよ 😊

福岡市早良区百道浜
幼児、小学生、中学生対象
子供英会話教室
Bookworm English Club

BBカードと多読で「英語に強い子」が育ちます